乗り物好きによる旅行ブログ

乗り物好きによる旅行ブログです。飛行機、鉄道での旅行記やいいなと思った場所について紹介していきたいと思います。

【SLばんえつ物語 乗車記】蒸気機関車に乗って磐越西線を乗り通す(新潟~会津若松)

スポンサーリンク

臨時快速「SLばんえつ物語」に新潟駅~会津若松駅までを乗車してきました。

 

SLが牽くローカル線の旅をお伝えできればいいなと思っています。

 

記事に「運転日・時刻表・予約方法・料金」の情報を載せておきますので、旅の参考にしていただければと思います。

 

なお、今回の乗車記は2017年7月での乗車記になるため、今とは一部異なっているところがあります。

 

 

SLばんえつ物語とは?

SLばんえつ物語は、磐越西線の新津駅~会津若松駅との間を走る臨時列車です。

 

阿賀野川に沿って山の中を走るので景色がとても良く、春夏秋冬どの季節でも車窓を楽しめる列車ですが、紅葉の季節は特におススメです。

 

客車内はとてもきれいです。オコジョルームと呼ばれる子供が遊べるスペースがあり、子供から大人まで誰でも楽しめる観光列車です!!

 

SLばんえつ物語の運転日・時刻表・予約方法・料金の紹介

運転日

基本的に土日祝日に1日1往復で運行されています。

 

詳しい運転日についてはJR東日本公式ホームページをご覧ください!

 

↓↓ JR東日本 ばんえつ物語公式ホームページ ↓↓

のってたのしい列車 ポータル>SLばんえつ物語:JR東日本

 

時刻表

f:id:tomotabitrip:20200512205154j:plain

 

予約方法

・みどりの窓口

・指定席券売機

・えきねっと

・各旅行会社代理店

 

などがあります。

 

後で紹介しますが、「グリーン車」は非常に人気が高いので、早めに予約してください!!

みどりの窓口では10時打ち、えきねっとでは事前予約

 

料金

SLばんえつ物語は全車指定席となっています。

 

指定席、グリーン席の乗車料金は以下の通り。

 

f:id:tomotabitrip:20200512210207j:plain

 

※快速列車のため指定席券さえ持っていれば、青春18きっぷでも「普通車指定席には乗ることができます。

 

   

 

SLばんえつ物語乗車記

今回の出発地・新潟駅

f:id:tomotabitrip:20200510223540j:plain

今回の旅の出発は新潟駅から。今では見られない新潟駅地上ホーム。

 

現在では新潟駅高架化の為SLの乗り入れが困難とのことで新津駅発着へと変更となっています。

 

f:id:tomotabitrip:20200511211646j:plain

蒸気機関車に近寄ってみると・・・この距離でも熱気が!!

 

f:id:tomotabitrip:20200510223943j:plain

新潟駅でSLの方向転換ができないため、新潟駅を出発する際には新津車両センターからEF81牽引によって新潟駅へ入線。

 

EF81を切り離して出発、という方法をとられていました。

 

f:id:tomotabitrip:20200510224152j:plain

EF81とSLばんえつ物語の客車が切り離されたところ。

 

現在は新潟駅~新津駅の間をE127系を使用した「SLリレー号」というのが運行されています。

 

SLばんえつ物語に乗車

f:id:tomotabitrip:20200511185802j:plain

今回は普通車に乗車しました。

 

写真のように座席はすべて4人掛けのボックスシート、車内はレトロなデザインとなっています。車内は綺麗ですよ!

 

座席の配置(左右どちらも)

 

窓側:A・D席

通路側:C・D席

 

となっています。

 

2人で行くならA・D席で席をとると、おしゃべりしながら景色を見ることができるのでおススメ!

 

   

 

 

車内探索!

SLばんえつ物語は7両編成です。

 

・1号車:オコジョ展望車両

・2・3・6号車:普通車指定席

・4号車:展望車

・5号車:売店・普通車指定席

・7号車:グリーン車(展望付き)

 

1号車:オコジョ展望車両

 

f:id:tomotabitrip:20200511191251j:plain

1号車は展望・フリースペース車両となっています。

 

子供が遊べるスペース、観光地によく見かける顔を突っ込める記念写真スポット。

 

f:id:tomotabitrip:20200511191710j:plain

 

この展望席からは

・新津駅⇒会津若松駅:SL C57の後姿

・会津若松駅⇒新津駅:後面展望

を見ることができます。

 

2・3・6号車:普通車指定席

先ほど紹介しました4人掛けのボックスシートとなります。

車内の様子は上の写真を参考にしてください!

 

4号車:展望車

f:id:tomotabitrip:20200511192335j:plain

 

   

 

4号車は展望車です。

 

ソファー席と腰掛ける程度の椅子?が並びます。窓が大きいので景色をよく見ることができます。

 

こちらもフリースペースなので、SLばんえつ物語乗車している方であれば、どなたでも利用することができます。

 

私が乗った時はソファー席には常に人がいる人気席でした!

 

郵便ポスト乗車記念スタンプが置いてあります。この車両に来たならば、どちらも忘れずにチェック!!

 

5号車:売店・普通車指定席

売店の写真を撮り損ねていて、写真で様子をお伝えすることができません。

 

販売していたものとして

 

・お弁当

・飲み物

・アルコール類

・おつまみ

・SLグッズ              など

 

様々なものが売っていました。

乗車した際には、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

7号車:グリーン車

f:id:tomotabitrip:20200511193613j:plain

ばんえつ物語のグリーン車はとても人気です。いろいろ人気の理由がありますが・・・

 

まずは座席数。このグリーン車、座席がたった30席しかありません。

 

座席数も少ないうえに、人気が高いので常に満席です。

 

10時打ちで狙うしかないか。あとはこまめに空席チェックが必要です。

 

次に景色。写真でわかるように展望室が設けられています。

 

なんとリッチなことに、この展望室はグリーン車利用している人しか使えません。

 

この展望室からは

 

・新津駅⇒会津若松駅:後面展望

・会津若松駅⇒新津駅:SLの後姿

 

を見ることができます。

 

車窓

f:id:tomotabitrip:20200511212343j:plain

 

阿賀野川に沿って深緑の山の中を走ります。

天気も良くて景色が良いです。

 

f:id:tomotabitrip:20200511212529j:plain

途中何度も川を渡ります。

 

前日が雨だったので川は濁っていますが、向こうに見える赤い橋もいい絵ですよー。

 

津川駅で燃料補給(15分停車)

新潟駅より長らく走ってきたSLばんえつ物語も津川駅で燃料補給を行います。

 

f:id:tomotabitrip:20200511214547j:plain

 

   

 

 

津川駅のホームの端は線路と同じ高さになるので、蒸気機関車を地面から見る感じになります。

 

f:id:tomotabitrip:20200511214642j:plain

 

水の補給と石炭のならしを行います。

 

 

f:id:tomotabitrip:20200511214706j:plain

 

SLを間近で見ることができます。

かっこいいです!!

 

 

f:id:tomotabitrip:20200511214748j:plain

 

SL車体の中央部にある、石炭の燃えカスを捨てる作業まで見ることができます。

 

様々なところでSLが走っていますが、このような作業を営業中のSLで見られるのは数少ないのではないでしょうか?

 

f:id:tomotabitrip:20200511214603j:plain

 

どうやら津川駅は「狐の嫁入り」で有名のようです。

 

山都駅で再び車両点検!

山都駅では車両点検のため10分の停車があります。

 

f:id:tomotabitrip:20200511232425j:plain

 

ホームに降りてみます。

ローカル線のホームにきれいな観光列車が停車します。

 

f:id:tomotabitrip:20200511231739j:plain

 

山都駅を出発し山越えを終えると景色は一転、平野が広がります。

 

終点 会津若松駅に到着

f:id:tomotabitrip:20200511232147j:plain

 

新潟駅を出発し4時間5分。終点の会津若松駅に到着です。

 

f:id:tomotabitrip:20200511233035j:plain

 

   

 

 

会津若松駅の特徴的な頭端式ホームからSLを撮ってみました。

 

遅すぎず、早すぎず流れる景色を見ながらの旅はとても良いものでした。

 

まとめ

今回は新潟から福島に山越え、川越え走る観光列車「SLばんえつ物語」乗車記でした。

 

景色も含め十二分に満足できる観光列車だと思います。

 

機会があればぜひ乗ってみてはいかがでしょうか?

 

 

www.tomotabitrip.com

 

 

www.tomotabitrip.com