乗り物好きによる旅行ブログ

乗り物好きによる旅行ブログです。飛行機、鉄道での旅行記やいいなと思った場所について紹介していきたいと思います。

【搭乗記】JAL エアバスA350-900搭乗記 より快適かつ便利になったクラスJシート(沖縄/那覇⇒東京/羽田)

スポンサーリンク

今回は沖縄/那覇から東京/羽田まで約2時間。JALのエアバスA350-900のクラスJに乗ってみました。

f:id:tomotabitrip:20210321232507j:plain

 

 

沖縄/那覇から東京/羽田搭乗記

沖縄/那覇空港から出発

f:id:tomotabitrip:20210321204244j:plain

今回搭乗するエアバスA350-900のクラスJを利用します。

A350はコックピット周辺の窓の周りの黒い塗装が特徴的です。

まるで狸のような黒の塗装が空の上でのまぶしさ対策となっているようです。

 

座席周りをチェック

f:id:tomotabitrip:20210321205511j:plain

A350から導入された新しいクラスJシート。座席は2-4-2の配置。

座席前後幅は以前のクラスJと同じ97センチとなっていますが、不思議と広く感じます。

座席のカラーも一新され、以前の座席では黒一色でしたが今回は黒と赤のツートンカラーになっています。

 

f:id:tomotabitrip:20210321210357j:plain

11.6インチの個人用モニターが各座席に設置されており、機外カメラの映像やアニメやドラマ、フライト情報などを見ることができます。

 

モニターの下にはUSBポートとイヤホンジャックが設置されています。

 

f:id:tomotabitrip:20210323195806j:plain

クラスJの座席と座席の間にはAC電源とUSBポートも設置されているのも便利なポイント。

 

   

 

 

f:id:tomotabitrip:20210321210851j:plain

モニターはタッチで操作もできますし、専用のコントローラーを使っても操作できます。モニターが付いたのは本当にうれしいことです。

もちろん機内Wi-Fiもありますので、飛行中の機内でインターネットを利用することもできます。

 

f:id:tomotabitrip:20210321213309j:plain

クラスJではヘッドホンがついています。

ファーストクラスはノイズキャンセリング付きのヘッドホンでしたが、クラスJでは普通のヘッドホンになります。

 

この他にも、可動式の読書灯なども装備されております。

離陸~静かなフライト

f:id:tomotabitrip:20210321213525j:plain

雨の降る中沖縄/那覇空港を離陸。

離陸直後は雨のため外の景色はあまり見えません。晴れていれば那覇市街と青い沖縄の海を見ることができます。

 

f:id:tomotabitrip:20210321213625j:plain

雲を抜けると青い空と一面に広がる雲の海の景色が広がります。

 

エアバスA350は静粛性がとてもよく、エンジンのほぼ横の座席に座っていましたが機内はかなり静かです。

 

f:id:tomotabitrip:20210321214142j:plain

機外カメラを利用して外の景色を見ます。

普段なら見ることができない位置からの景色。

 

f:id:tomotabitrip:20210321214322j:plain

機体の下のカメラから。

一面に雲が広がっており、この下は天気が悪いなーと思いながら飛んでいきます。

 

f:id:tomotabitrip:20210321214448j:plain

大島を通過した後は、一度千葉県上空までまわって羽田空港への着陸コースに入ります。

千葉県上空では雲がなく、関東地方は快晴であることがわかります。

 

   

 

東京/羽田空港へ到着

東京湾上空に入り着陸態勢に入ります。今回の着陸はB滑走路(04/22)でした。

B滑走路に着陸となると東京湾沿岸の景色をよく見ることができます。

 

f:id:tomotabitrip:20210321214945j:plain

東京ディズニーランド・シーを見ながらどんどん進み、

 

f:id:tomotabitrip:20210321215931j:plain

特徴的なデザインの東京ゲートブリッジの上を通りながらB滑走路に着陸。

 

f:id:tomotabitrip:20210321220112j:plain

搭乗ゲートまでタキシング中、羽田空港の端っこには減便・運休により運用がないANAやJALのB767、B737、E190/170など様々な飛行機たちが駐機されていました。(一瞬だったので機材が間違っていたらすみません。)

 

この後、A滑走路を横切りつつ羽田空港第一ターミナルへ到着しました。

 

最後に

全席モニター設置やUSBポート、AC電源設置など機能性の向上、エンジンの改善による機内静粛性の向上とこれまでの機材とは段違いによくなったA350-900の沖縄/那覇⇒東京/羽田の搭乗記でした。

 

A350の運用は2021年2月までは羽田~新千歳、羽田~福岡、羽田~沖縄便でしか使われていませんでしたが、2021年3月ごろより伊丹~沖縄便でも一部運用が始まっているようで、より搭乗する機会が増えるのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

www.tomotabitrip.com

 

 

www.tomotabitrip.com