乗り物好きによる旅行ブログ

乗り物好きによる旅行ブログです。飛行機、鉄道での旅行記やホテルの紹介をしていきたいと思います。

【お得な切符】2021年度も発売!AIRDO、Peach きた北海道フリーパス 4日間フリーエリア内で乗り放題の切符

スポンサーリンク

JR北海道は北海道の翼AIRDOとPeachのコラボとしてAIRDOとPeach利用者に限り道北フリーエリア内の特急・普通列車(快速含む)の普通車自由席が乗り降り自由な「AIRDOきた北海道フリーパス」、「Peachきた北海道フリーパス」が2021年度も継続して発売されます。

今回はそんなお得な切符の紹介になります。

 

f:id:tomotabitrip:20210415132039j:plain 

 

きた北海道フリーパスとは

AIRDO及びPeachを利用し北海道の特定の空港へ到着した場合に限り購入することができる切符で、道北のフリーエリア内の特急・普通列車(快速含む)の普通車自由席が乗り降り自由になる切符です。

 

AIRDO ひがし北海道フリーパス・きた北海道フリーパス|JR北海道- Hokkaido Railway Company

 

発売期間

・2021年4月22日~2022年3月31日(AIRDO、Peach共通)

※搭乗日当日のみ発売。開始日は搭乗日当日もしくは翌日

 

利用期間

・2021年4月22日~2022年4月4日(AIRDO、Peach共通)

 

発売場所

・AIRDO:

新千歳空港駅           :新千歳空港到着便

旭川駅(ツインクルプラザ旭川支店):旭川空港到着便

※AIRDO対象便の搭乗時にお渡しするピンク色の「ご搭乗案内」を発売箇所に呈示することで購入可能

 

・Peach:

新千歳空港駅:新千歳空港到着便

※Peachの新千歳空港・釧路空港・女満別空港到着便の搭乗案内を呈示することで購入可能

 

有効期間

4日間

※有効期間の開始日は搭乗当日もしくは翌日から

 

料金

・大人:13,150円 小児:6,570円

【U25:10,520円(12歳以上25歳以下)購入時には公的証明書の提示が必要】

 

   

乗車できる列車

・フリーエリア内の特急・普通列車(快速含む)の普通車自由席

※指定席に乗車する場合は別途指定席券の購入が必要

 

フリーエリア

f:id:tomotabitrip:20210415074949j:plain

(参照:JR北海道公式HPより)

北海道の観光の拠点ともなる札幌・小樽をはじめ、富良野・美瑛・旭川・稚内がフリーエリアとなっています。

廃止が危ぶまれている留萌本線(深川~留萌)も含まれています。

 

フリーエリア内で利用できる優等列車(特急など)

 

f:id:tomotabitrip:20210415105308j:plain

 

・札幌~稚内(宗谷)

・旭川~稚内(サロベツ)

・札幌~旭川(カムイ・ライラック)

・札幌~旭川(オホーツク)

・札幌~富良野(フラノラベンダーエクスプレス)臨時

・旭川~富良野(富良野・美瑛ノロッコ号)臨時

※現在、運休や減便等ありますので運行状況については時刻表なのでお調べください。

 

定期列車をはじめ、北海道の季節に応じて運行されている臨時特急・快速列車も今回のフリー切符で乗車することができます(自由席のみ。指定席は別途料金必要)

 

   

 

各空港からのアクセス・便数

 

f:id:tomotabitrip:20210413213606j:plain

 

航空会社 就航地 便数
AIRDO 東京(羽田) 札幌(新千歳) 12往復
旭川 3往復
名古屋(中部) 札幌(新千歳) 1往復
神戸 札幌(新千歳) 2往復
Peach 大阪(関西) 札幌(新千歳) 7往復
東京(成田) 札幌(新千歳) 8往復
福岡 札幌(新千歳) 1往復
沖縄(那覇) 札幌(新千歳) 1往復
仙台 札幌(新千歳) 3往復
名古屋(中部) 札幌(新千歳) 2往復

 

AIRDOを利用する場合には新千歳空港到着便と旭川空港到着便の2路線を利用できます。特に羽田~新千歳路線は12往復もあるので利便性は高いです

一方で、神戸・名古屋路線はありますが、大阪(伊丹・関西)空港からの路線がないため関西圏からでは少し利用しづらいでしょうか。

 

Peachを利用する場合には新千歳空港到着便のみとなります。

LCCということもあり少し都心から離れた関西国際空港・成田空港などからの利用となります。

しかし、LCCならではの料金設定や福岡~新千歳線や日本最長となる那覇~新千歳線の路線も持っており北海道と各地の移動を便利にしてくれています。

 

※現在は運休や減便などもありますので、AIRDO、Peach公式ホームページなどで最新の運行情報を確認してください。

 

フリーパスはどれだけお得なのか?

この「きた北海道フリーパス」がどれだけお得なのか比較していきましょう

・きた北海道フリーパス:

4日間乗り降り自由 大人:13,150円 小児:6,570円

 

区間 料金
札幌~稚内 往復 13,310円(乗車券+指定席,Rきっぷ)
札幌~音威子府 往復 12,920円(乗車券+指定席,Rきっぷ)
旭川~稚内 往復 11,670円(乗車券+自由席,Sきっぷ)


札幌と道北の拠点となる駅の往復の料金を比較してみると札幌~稚内を往復すると元がとれそうですが、旭川~稚内間ではSきっぷの方が安くなりますね。 

フリーエリア内の周遊+稚内往復での利用が元が取れる乗り方でしょうか。

 

 

 

 

オススメな利用方法は?

フリーエリア内の周遊+宗谷本線(旭川~稚内)の往復利用がよさそうです。

この機会に札幌~稚内までの396.2㎞を乗り通してみるのもありです。

 

f:id:tomotabitrip:20210415105623j:plain

 

・札幌~富良野(フラノラベンダーエクスプレス)【夏季】

・富良野~美瑛・旭川(富良野・美瑛ノロッコ号)【夏季】

・旭川~稚内(宗谷・サロベツ)

・稚内~旭川(宗谷・サロベツ)

・旭川~札幌(カムイ・ライラック)

 

ラベンダーの季節に運行されている、フラノラベンダーエクスプレスと富良野・美瑛ノロッコ号をプランに入れてみました。

札幌~旭川間はカムイ・ライラックが30分ごとに運行されているうえ、宗谷・オホーツクなどの特急もあり移動はしやすいかと思います。

 

一方、旭川~稚内間は列車の本数も少なくなるので時刻には注意が必要です。

 

f:id:tomotabitrip:20210415105855j:plain
 

日本の最北端の駅となる稚内駅。またそこからさらにバスを乗り継いで日本最北端の宗谷岬へ行ってみるのもありです。

 

www.tomotabitrip.com

 

 

「本線」と名乗るJR線の中で日高本線(30.5㎞)に次いで短い路線であり、存続が危ぶまれている留萌本線(50.1㎞)深川~留萌間もこのフリーエリア内に含まれているので乗ってみはいかがでしょう。

 

www.tomotabitrip.com

 

宗谷本線の名寄駅近くにある名寄市北国博物館には、かつて北海道で除雪のために活躍したキマロキ編成が静態保存されています。キマロキ編成として展示されているのは、この博物館しかありません。

 

www.tomotabitrip.com

 

   

きた北海道フリーパスの購入時の注意点

「きた北海道フリーパス」はとてもお得な切符ですが、注意点があります。

 

・搭乗当日かつ発売箇所の営業時間内の発売。

・有効期間の開始日は搭乗当日もしくは翌日。

 

購入できるのは搭乗日当日かつ発売箇所の営業時間内となるので、夜の便などを利用する場合には発売箇所の営業時間に注意が必要です。

 

フリー切符の開始日は搭乗日当日もしくは翌日とのことなので、1日有効利用するには翌日から開始とするのが良さそうですね!

 

 【ひがし北海道フリーパスの記事はこちら】

www.tomotabitrip.com

 

 

www.tomotabitrip.com

 

 

www.tomotabitrip.com